« SharpDevelopでの.Net compact FreameWork開発(はまり1) | トップページ | 03不安定解決 »

2009年1月17日 (土)

SharpDevelopでの.Net compact FreameWork開発(はまり2)(SQL-Serverアクセス)

SharpDevelopでの.Net compact FreameWork開発に関してまずフォームデザイナで躓いたのですが、次にはまったのがSQL-Serverアクセスです、MSDNのページなどには.Net compact FreameworkでもSystem.data.sqlclientがサポートされていると書いてあるのに、SharpDevelopでは使えないのです。これにはかなり参りました。
使っているバージョンの問題か?と思い3.0Betaに変えたのですがだめ、SQL-Server 2000 compact editionの開発ツールをいれたりCF3.5を入れたりしたのですがだめでした。
ネットを探し回ってもあまり情報がないのであきらめかけましたが、下記のようにすれば使えそうなことはわかりました(コードがコンパイルできることは確認したのですが、実際に動くかまでは自宅なので確認できてません)。
この方法はいいかわかりませんので自己責任で行ってください。
1)Microsoft SQL Server 2005 Mobile Edition Device SDKをダウンロードしてインストール(英語版しかないようです)
2)Sharpdevelopで作成中のコンバインを開きます。
3)プロジェクト→参照の追加→.Netアセンブリブラウザを開き参照ボタンを押します。
4)参照先としてC:\Program Files\Microsoft SQL Server 2005 Mobile Edition\Device\Client\v2.0\System.Data.SqlClient.dllを指定します。(パスは1)のインストール先となるので適宜修正してください)
5)以上でコンバインのReferencesにSystem.Data.Sqlclientが追加され使えるようになります。
実際に実機で使う際にはC:\Program Files\Microsoft SQL Server 2005 Mobile Edition\Device\Client\v2.0にwce4.0とかwce5.0とかのフォルダ内にCPUごとのCABファイルがあるので、これのインストールも必要かもしれません。

とにかく情報があまり少ないしMSのサイトの記載も不親切極まりない(Visual Studio買えば問題ないから書いてないのかもしれませんが・・)ので結構苦労しました。


« SharpDevelopでの.Net compact FreameWork開発(はまり1) | トップページ | 03不安定解決 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« SharpDevelopでの.Net compact FreameWork開発(はまり1) | トップページ | 03不安定解決 »