2020年3月 8日 (日)

フォルダアクセス権出力ツール開発再開します

以前に途中まで開発してて、仕事が忙しくなってそのままになっていたのですが、

ありがたいことに使ってくれるという方もいらっしゃるので開発再開しました。

現状公開しているバージョンを作った後に、Ver0.2としてアクセス権の内容を

細かくしたのを以前開発していた際に作っていたのですが、もう少し機能アップ

して公開したいと思います。

2020年1月29日 (水)

SplashTop Personalでマウス右クリック

Splashtop Personalでのマウス右ボタンクリックですが、マウス右ボタンに長押しを割り当てることでできました。

これで実用的に使えるようになりました。

ただこれはChromeリモートデスクトップではダメだったので、やはりこちらではダメそうです。

 

2020年1月21日 (火)

IPadでのリモートアクセスはSplashTop Personalですね

Chromeリモートデスクトップではいろんな問題があり、常用はまだ難しそうだったので

別のアプリを使うことにしました。

評判の良さそうなSplashTop Personalを使うことにしました。

これ自宅でLAN内で使うだけなら無料で使えるので、とりあえず試しに

入れてみました。

IPadにはAppストアから、Windows側はSplash streamerをダウンロード

インストールしました。

実際に使ってみるとキー操作やIMEの変換はストレスなく使えます。

マウスの右ボタンはちょっと無理そうですが。。

有料ですが、インターネット経由での接続も試してみたいと思います。

 

2020年1月17日 (金)

IPadからのWindows端末へのリモートアクセス

 ipad 6thを使ってます。iOS13になってマウスをサポートしたのでBTキーボードとマウスを購入して

Windows10Homeにリモート接続して使うことをやってます。

リモートソフトですが、マイクロソフトのRDPが良いのですがHomeは対応してない

(対応させるソフトもありますが、どうもうちでは安定しませんでした)ですし

VNCは応答が遅いというのもあり、Chromeリモートデスクトップを使ってます。

応答も早いですしGoogleアカウントがあれば屋外でもVPN使わなくても家のpc

に接続できるものです。

ただiOS版は機能的には問題がいろいろあります。

1 マウスの右ボタンに対応してない

 これはアクセシビリティのジェスチャを追加で2つ指タップを登録してマウスの右ボタンに割り当てれば対応できます。

 クリック後一定時間マウスカーソルが2つになる不具合?がありますが。

 この方法を見つけるまではマウス操作をキーで代用するソフトを使ってました。

2 ctrl+cのような操作ができない

 これは今のところ解決策が見つかってません

3 アンダーバーが入力できない

 Windows側の日本語入力で単語登録して対応

4 BTキーボードのカーソルキーが使えない

 これも解決策見つかってません

5 日本語入力の切り替え

 Windowsの日本語入力ON/OFFをクリック

という感じで今一歩ですので、Googleが改善してくれればと思ってますが、敵に塩を送るようなものなので難しいのかもしれません

2019年1月14日 (月)

Windows7のタスクスケジューラーでバッチファイルを実行する際にはまった

Windows7のタスクスケジューラーを使ってバッチファイルでメンテナンス用の処理を
実行していたのですが、もともとあったバッチをちょっと変更したものを
別スケジュールとして登録したのですが、なぜか、元のバッチが実行
されるという不具合?がでました。
なんでだろなんでだろと思っていろいろやった結果、バッチファイルのファイル名
としてもとのバッチファイル名に名前を足していたのが原因でした。
どうも文字数が多いかファイル名に日本語を足したのが原因?
のようで別の名前にしたら問題なく実行できました。

«Windows10でコルタナを無効にするバッチ